~お気楽な母と怪獣息子の日常~
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この母、放し飼い禁止ですよ~!(爆)
2005年10月31日 (月) | 編集 |
ここ最近、牛太郎のサッカーに関するネタ←ネタ言うな!(爆) は少し前に書き始めたブログに書いているのですが、今日はこちらにも少々・・。

ご存知の方はご存知ですが、こう見えてもあたくし、競馬が大好きです。(^凹^)ガハハ

かと言って思いっきりギャンブラーとか言う訳でもないのですよ。(苦笑)
たまには馬券も買うし・・って位ですが、馬達が走っている美しい姿を見るのはとっても好きです。
特に好きな馬は トウカイテイオー・ヒシアマゾン・シンボリルドルフ♪騎手は今は現役引退された
岡部騎手と柴田政人騎手のファンです。
テイオーとアマゾンはビデオも持ってまして(苦笑)、テイオーのビデオは何度観ても必ず泣きます。(^凹^)ガハハ←自信満々でちょっと危ない。

我が家は夫婦で競馬をしてますので、競馬用語なども普通に使ってたりします。
競走馬には走りのタイプがいろいろありまして、逃げ、先行、差し、追い込み・・なんていいます。
そして私の好きな走りのタイプが差しと追い込み。
最後の直線に力を残しておいて一気に突っ込んでくるタイプの走りをする馬が好きなんです。(^-^)
なので、ついいつもの癖で牛太郎が走っている時などに
「牛太郎ー!差せー!まくれー!差せる!いけぇ~!」 なんて言う「人聞きの悪い」応援を
してたりするのはこの鬼母です。(^凹^)ガハハ

先日もサッカーの練習後のリレーを見ている時に、牛太郎が後ろから走りこんできたのを見てつい「差せる!差せる!!牛~!!」と激しく応援してしまいました。(^^;

一瞬、周りにいた他の母達は「牛太郎、刺すのか!?Σ( ̄□ ̄|||はうっ!」になった模様。(爆)
大慌てで意味を説明すると「ビックリしたぁ~!母、息子に刺せ!言うんだもん~!」(^凹^)ガハハ

そりゃいきなり我が子に向かって「刺せー!」じゃ焦るよな~。

この母、野放し&放し飼い禁止ですよ~!!(^凹^)ガハハ
スポンサーサイト
登園拒否事件 その5
2005年10月28日 (金) | 編集 |
日を改めて、我が息子のクラスの父兄のみ集まった幼稚園側との懇談会がありました。
ニョロ太のクラスは全部で二十数名のクラスで、今回初めての園児(兄弟で入園経験あり)と、今現在妊婦さん、生まれたばかり・・のお母さんが圧倒的に多いクラスで、当日も何人来られるかなぁ・・と実はちょっと心配だったのですが、数人の欠席で殆どの父兄が来ていました。
それだけ皆さん、気になっていた結果だと私は思ってます。

新たに担任になられた先生もほんの少しの時間だけ園児から離れてご挨拶に見えました。
そしてまずはこのたびの一件に関し、幼稚園側からのお詫びがあり、私達役員が先日聞いた退職に関する説明がありました。
そして夏季保育中の子供達の園での様子や言動なども説明がありました。
新担任の先生もこの夏季保育期間に既にニョロ太のクラスを受け持っていたのですが、やはり辛かったのは毎日子供達が「明日は○×先生くる?」と聞かれた事だったそうです。
はっきりと答えて上げられない、担任が戻るかも知れない状態のクラスで、何処まで踏み込んでいいのか・・きっと先生自身も辛かったことと思います。
主任の先生に子供達が帰った後の教室で「このままでは決して子供達にいい影響はない。あまりにあの子達がかわいそうです。」と涙ながらに
訴えたのも新担任の先生だったとお話がありました。
そしてその場で「園は子供達に何と言って説明をしたのか」など、親たちが知りたかった事をいろいろと説明されました。

懇談が終わり、父兄が集まるとやはり皆さん一様にホッとした顔つき。
聞きたかった事が全てではないにしろ、聞けた事、幼稚園とちゃんと向きあったことで、心の中にわだかまっていたものが落ち着いた様子でした。私を含めて。
私と役員さんたちで集まっていると、何人かのお母さんが来て、「motoさんが幼稚園に掛け合ってくれたんですよね?本当にどうもありがとう。幼稚園からちゃんと説明がされたって事で、私の気持ちもすっきりとしたから、きっと子供も落ち着いてくれると思う。今日の懇談があって良かった。」と声を掛けてくれました。

いやぁ・・あたし、園長代理だし・・(^^ゞ ←激しく勘違い。(爆)

親が落ち着くとそれから徐々に子供達の様子も変化し、今を受け入れて行くようになって、やっと以前のような元気一杯なクラスに戻りました。(^-^)
エプママで出掛けていくと「あ~!ニョロ太くんのママぁ~~!」と
1学期同様、ドアを壊さんばかりの勢いで飛んでくるようになり、私も1学期のテンションそのままに、「みんな~。準備できた?おトイレ大丈夫かな?じゃ、先生のお話聞こうね~♪」と保母出来るまで元気なクラスに戻ってくれて、母としては何より一安心でした。

初めての経験で、果たしてこれで良かったのか、もっとこうすれば良かったのか・・と考える事は今でもありますが、子供達が元気に楽しく笑顔で過ごしてくれていれば、母はそれで満足です。(^-^)

ええ、何せ園長代理ですから。←しつこい。(爆)

テーマ:育児の困った
ジャンル:育児
何故・・・・・
2005年10月27日 (木) | 編集 |
何故か昨日からここに書く日記は全て×・・・
保存で必ずエラーになり、実は昨日の夜から同じネタ(笑)で4回も
書いているにも関わらず、一度も上手く行かない・・・

これだけ上手い事保存できてUPしたら、おばさん、怒るよ・・・
静かに怒るよ・・・・・(ノ`´)ノミ┻┻ がっちゃ~ん!
やってもうた~~!!
2005年10月25日 (火) | 編集 |
ブログではまだまだ大変な状況をお知らせしているのですが、今は落ち着いて夏休み前のように楽しく幼稚園生活を送っているニョロ太。
そして母は相変わらず牛太郎のサッカーでは熱くなり、大分牛太郎に近づきつつあるニョロ太の日常ボケに付き合い、少しは真面目に主婦業やれよ!なダンナの視線を思いっきり無視した日々を送っております。(爆)

昨日、久しぶりに「大ボケ母の会・会長」の肩書きを思い出させてくれちゃうような大失敗をしちゃいました。(^凹^)ガハハ

幼稚園のエプロンママことエプママが2学期から「週3日連日」から「週2日月曜・水曜」に変わりました。
で、新学期が始まってすぐに今学期の予定を組んだのですが、大体私は月に2回位のペースでお手伝いに入っています。
今月初めに1度入って、後は月末の方で一度・・な予定の月が今月。
先週の終わりに合った新体操発表会の日。クラス役員のお母さんから「ニョロ太母さんは確か月曜日にエプママじゃなかった?」と聞かれ、「そうだっけ?帰ってから見てみるわ~」なんて話をしていました。

土曜、日曜と牛太郎のサッカーにすっかり熱くなって、日程確認を忘れていた母。
月曜の朝、ニョロ太をバス停に送り、バスを見送った後でも「そうだ!もしかしたら今日って私、当番かもしれないんだ~。帰って確認しなきゃ!」なんて話していたのはこの私。

な・な・なのに・・・確認しませんでした・・家まで戻る100メートル程の距離ですっかり忘れてしまいました。
そして・・・私が当番でした。Σ( ̄□ ̄|||はうっ!


それに気付いたのがニョロ太帰宅後。(爆)
「今日のお昼は何だったの?」「えっとねー。カレー!」
「カレーかぁ。美味しかった?」「うん、おいしかったー!」
「今日、誰のママがお当番さんだったの?」←まだ気付いていない。
「えっと○×くんのお母さんと、○○先生!」
「先生・・・??なん・・で・・・Σ( ̄□ ̄|||はうっ!」

・・・大急ぎで同じお当番だったお母さんに電話をしました・・。
泣きながら謝ったのは言うまでもありません。(苦笑)

やっちゃった・・・久しぶりにやっちゃった・・・(;^_^A アセアセ

そして今日。幼稚園にごめんなさいお手紙を持たすのを忘れたのは鬼母こと園長代理です。(爆)
ええ~いっ!逃げてしまえ~~っ!←大きく勘違い。(笑)

テーマ:あいたたた・・・。
ジャンル:育児
登園拒否事件 その4
2005年10月20日 (木) | 編集 |
幼稚園に集まると、園長先生、主任の先生が既にいらっしゃって、別室に通されました。
まず園長先生からお詫びの挨拶があり、今回の退園までの経緯を説明されました。
実は辞められた担任は1学期に交通事故を起こして、ご自身もムチ打ちになってしまっていて、首にコルセットをしながらの登園でした。
なので最初休む・・という話の時には「風邪?それとも首の方かね?」なんて話していたのです。子供達とも。
その事故が一つのきっかけになってしまったようで(どうも相手に散々やられてしまったらしい。)精神的部分や体調をすっかり崩してしまったようなのです。他にも細かい事がいろいろ重なったようで、当初は暫く休職して体調を整えて戻ってくる・・という話しになっていたらしいのですが、新学期直前になって「やはり無理なので辞めさせて欲しい」と連絡があり、話し合いの結果退職・・・となったらしいです。
そして急遽退職されていた以前の先生にお願いして戻ってきてもらい、クラス担任をお願いした・・との事でした。
今度の担任の先生は私も牛太郎在園時からいらした先生なので、良く知ってはいました。なので、その先生がどうこう・・という事は無かったのですが、何分、子供達が不安定で親自身も不安なんです。
と言う事を園側に分かって欲しかったのです。
毎日帰ってくると不機嫌な子供。「○○先生はいつになったら幼稚園にくるの?」と涙眼で聞かれ、どう答えたらいいものかと言葉に詰まる親。そして幼稚園側は子供達に何と今回の件を説明しているのかも分からない状態。園と親の言うことが違うと子供は混乱する。なので親に対するフォロー(説明)が欲しいと。
担任が退園した事を責めたりしているのではなく、とにかく子供達が以前の様に楽しく元気に幼稚園に通って欲しい・・ただそれだけなんだと言うことを伝えました。
園では子供達に特に変わりはないようです・・と言われましたが、この前、教室を訪ねて私達はビックリでした。
「ねぇ。ここってうちの子のクラスだよね??」と確認したくなるほど
教室の雰囲気が違うのです。以前なら教室の扉を壊さんばかりな勢いで「ニョロ太くんのおか~さ~ん!!」と飛び出してきた子供達が全くいないのです。
子供達なりに頑張っているんだなぁ・・と感じました。
子供は大人や親が思う以上に順応性もあり、時間が経てばいつもの子供達に戻れる・・とは分かっています。
でも少しでもその時間を短く、早くして上げたい。と言うのが親の気持ちでした。
なので、親も一生懸命にバックアップして上げたかったんです。

園長先生も交えての話し合いの結果、数日後にはうちのクラスの父兄のみの懇談会を開いてもらえることになりました。
園長先生はこられないとのことで、何故か

「motoさん、当日は私の代理と言う事で一つお願いします。」

と、「園長代理」の肩書きを持つ鬼母となったのでした。(爆)

テーマ:育児の困った
ジャンル:育児
登園拒否事件 その3
2005年10月20日 (木) | 編集 |
幼稚園に懇談の要望を出す・・という事になる前に一つきっかけとしてあったのが、エプロンママの打ち合わせで幼稚園に出掛けた時の事でした。

新学期が始まってすぐに打ち合わせがありました。そこにはお手伝い出来るお母さんが来たり、お手紙で希望を伝えてあったりしてまして、
実際に集まったお母さん達で予定を組んで園に提出する打ち合わせで、私も出掛けておりました。
そこで会った他のお母さん(メールや電話のやり取りのないお母さん)から「お子さんどうですか?実はうちの子、幼稚園の話を一切しなくなっちゃったんです・・。」と沈痛な面持ちで声を掛けられたのでした。
話を聞くと幼稚園での出来事を一切話さなくなり、聞いても答えないし、聞かないで!といわんばかりの態度で、やっと幼稚園に行っているような感じらしいのです。
つい最近下のお子さんを出産されたばかりのお母さんで、フットワーク軽く幼稚園にも来れないし、様子も見られない状態。
なので非常に悩んでいました。
うちもそうだよ~と集まっていた数人が声を掛けると「うちだけじゃなかったんですね」といろいろとお話してくれました。
不安、心配はどの親でも一緒。この状況はまずいな・・と思いながら
打ち合わせを始めると、説明の為に主任の先生がいらっしゃいました。
で、開口一番はやはり担任問題。ご迷惑をかけてしまって大変申し訳ないです・・というお話です。
お詫びの挨拶をされ、説明をすると他のクラスの方にも行かなければならないので、その場を後にされました。

「ああ・・幼稚園側にはやはり親の不安とか子供の不安とかが正確には伝わってなさそうだな・・。」
正直、そう感じました。なのでそこに来ていた同じクラスの役員母と相談し、幼稚園側へ懇談の提案をすることになったのです。

電話をかけるとすぐに「園長先生に連絡を取って、まずは役員さん達に集まって貰いお話したい。」とのことで、翌日には幼稚園の別室に役員が集合することになりました。園長先生も参加にちょっとびびりつつも(笑)鬼母も参加です。

テーマ:育児の困った
ジャンル:育児
登園拒否事件 その2
2005年10月18日 (火) | 編集 |

担任交代の手紙が来たその日。その日まで何とかきていたニョロ太が、堪忍袋が切れたのか??と急変しました。
同じクラスの母達からも電話やメールが私の所にバンバン届き、あちこち大騒ぎです。(^_^;)

まずは父兄。私は内心「一方的」と感じていたお手紙をやはり他の方もそう受け止めたらしく、「どういうこと?親に説明これだけ?」と言う方もあれば、「あんまりだ!」とお怒りの方、特に何も・・と言う方
・・と様々な反応でしたが、「どういうこと?」な父兄が圧倒的でした。
そして子供達。我が家は特に周りも認める「担任命!」な息子だったので、落ち込みも不機嫌も半端ではなかったのですが、他所のお子さんも「登園拒否」組が何人も出てしまったのです。

そしてそれは幼稚園側は全く分かっていない状況でもありました。

ニョロ太はと言えば、機嫌は最悪、意味も無くぐずる、妙に泣く等々
明らかに様子がおかしいのです。
そして極めつけの一言。

「お母さん、おれ、もう幼稚園行かない。お休みする。」

今まで一度たりとも自ら休みたいなど口にした事の無いニョロ太の決定的な一言。さすがの鬼母でもこの言葉は非常にショックでした。

そうは言われても「了解!」と休ませる訳にはいきません。新学期は運動会、新体操発表会・・と大きな行事が目白押しです。
何とかおだてつつ送り出していましたが、このままではマズイな・・と
数日思い悩む日々を過ごしました。

その間も他の父兄と連絡を取り合いながら、役員が代表して園の方に懇談の時間を何とか作って欲しいという要望を出したのです。
ええ・・代表者はこの鬼母でした。(苦笑)



テーマ:育児の困った
ジャンル:育児
登園拒否事件 その1
2005年10月17日 (月) | 編集 |
長い間更新出来なかったので、あ~んな話やこ~んな話を小分けでご報告!と言う事で、まずは一番の出来事なお話から・・。

夏休みも残すところ1週間・・な頃。幼稚園の慣らし保育が始まりました。この日を親子共々心待ちにしていた我が家。
保育初日はそれこそ飛び起きんばかりな勢いで起きて、支度して出掛けたニョロ太。
久しぶりのお友達、幼稚園バス、そして大好きな担任の先生に会えるのを楽しみにニコニコ顔で登園したニョロ太でした。

帰りのバス時間。見慣れたバスがやってくると、窓際にくら~い顔つきのニョロ太。(?_?)
きっと久しぶりの登園で疲れたのね~と暢気に構える母にバスの乗務員さんが「ニョロ太君、ちょっと元気ないのよ。」と声を掛けてくれました。いつもならバスから飛び降りてくるのに、全然そんな素振りもなし。
声を掛けると「今日、○○先生がおやすみだったの。」とションボリ。
ん~・・担任命!な息子。それが寂しかったのね~。と納得した母は幼稚園からのお便りに目を通しました。
そこには「○×組のご父兄の皆様へ」なるお手紙があり、担任が体調を崩し、暫く登園出来ない旨が書いてありました。
夏季保育の日数はほんの3~4日。その間休むのかなぁ?夏風邪??
程度の認識しかなかったので、ニョロ太にはよく説明し、少しの間我慢しようね~。と言って聞かせました。
その時は理解するのですが、毎日帰ってくると「今日も先生が来なかった・・」と落ち込みモード全開で帰宅する息子。
病気だから我慢しなくちゃね・・と息子には言っていましたが、母達の中ではいろいろな話も漏れ聞こえてきており、なかなかに複雑な心境のまま、夏季保育の最終日を迎えたのでした。

夏季保育最終日。帰宅すると園から1枚のお便りがありました。
前回同様「○×組のご父兄の皆様へ」で始まるお手紙。
ちょっといや~な予感を醸し出したそのお手紙には、担任が退園したこと、代わりに○○先生が担任になったこと、簡単な退園の理由、そしてこの件に関して何かあれば個別に園に言ってきて欲しい、面談等はありません・・・という個人的には「一方的」な決定内容文書だったのでした。
テーマ:育児の困った
ジャンル:育児
お久し振り過ぎ。(^^;
2005年10月17日 (月) | 編集 |

・・・大変お久し振りなmotoです。m(__)m
もうすっかり季節は秋ですが、最後の日記はなんと夏休み。
かなり背中に冷たい汗が流れてます、ハイ。(苦笑)

まずは近況報告。
母・・咳が止まらず病院通い中。
父・・相変わらずヘルニアと戦い中。
牛太郎・・喘息が出つつもサッカーには注射を打ってでも参加。(爆)
ニョロ太・・多分、彼が一番元気。(爆)

以上です。(爆)ヾ(・・;)ォィォィ

そしてここまで更新をサボってしまったきっかけのお話。

ニョロ太の登園拒否。Σ( ̄□ ̄|||はうっ!

いやぁ・・正直悩みましたし、幼稚園にも毎日のように通いました。
登園拒否というのはちょっと大袈裟な部分もあるのですが、母としてはかなり悩みました。(^^;
このお話はまたこちらで事細かにご報告いたしますが、やっとPC時間も取れる環境に戻りましたので、まずは更新!とやってきました。(笑)
いつも遊びに来てくれている皆さんの所にも遊びに伺いますので、また宜しくお願いいたします~!!m(__)m



テーマ:子育てのつぶやき
ジャンル:育児
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。