~お気楽な母と怪獣息子の日常~
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
涙しました・・。
2005年08月11日 (木) | 編集 |
先日、夜のテレビ番組で江原さんの放送があると言うので、時間になるのを待ってテレビに釘付けになりました。
私には分からない(見えない)世界ですが、かなり信じてる方だと思います、私。

子供達とご飯を食べながらの鑑賞でしたが、もう私は食べることも出来ないほどに、最初から泣きっぱなしでした。(苦笑)
特に一番最初のお子さんを亡くされた家族の所なんて、もう号泣。
お父さんの気持ち、お母さんの気持ち、やはり親と言う立場になった今では両方の気持ちが分かると言うか何と言うか・・。
子供が「大丈夫?」と聞くほど泣いてました。(苦笑)

何人目かの方のお話で、「ご自分が亡くなったと分かっていないよ」と江原さんが言っている若い方のお話がありました。
私は父を亡くした時、明日告別式と言う日の夜、1度だけ父の夢を見たんですが、その時「お父さん、明日ってお父さんのお葬式の日じゃん!」と父に声を掛けると「えっ?あぁ・・・そっかぁ・・」という返事を返す父の夢を見ました。その時に「父は亡くなったって分かっていないのかな?」と一瞬思ったりしたんです。
そんなことをふと思い出しながらテレビを見ていたんです。

番組ももう終わりに近いような頃、何かの話から「夢でもいいからじいじに会いたいわ~、お母さん。」と牛太郎に話していた時の事。
急に私を振り返ったニョロ太が「えっ?会えるよ、じいじに。だっているじゃん。」と言い出したのです。
きっと飾ってある写真を指しているんだろうな・・と思ったのですが、
ちょっと突っ込んで聞いて見ました。
実はニョロ太、2月の入院の時にも、病院にじいじが来たよ。オレ会ったよ、じいじに。と言っていたのです。
その話をお寺の大先生に母が話したらしいのですが、その時に大先生が
「子供って言うのは純粋で無垢だから、私達大人には見えないものも見えるんですよ。」と話されていたそうです。
なのでもしや・・と思って聞いたら、彼曰く何時でもいるそうで、自分には見えるんだそうです。
「今もいるの?」と聞くと「うん。いるよ。」との返事。
何処に?と聞くと、クルリと部屋を見渡して「ここ。」と指を指しました。
そこは私の右後ろ側。そこからこっちを見てると言うのです。

何で私には見えないのよー!(涙)

それは間違い無く「純粋、無垢」ではないからなのですが。(苦笑)

夢にもその一度きりで全く現れてくれない父。母も一度も夢に出てこないと話していましたが、どうやら純粋じゃないおばちゃん達には興味ないようです、うちのじいじは。ププッ ( ̄m ̄*)

悔しいから私も言うけどー。じいじー。私も若い子のほうがいいわよっ!!(苦笑)
スポンサーサイト
テーマ:男の子育児
ジャンル:育児
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。