FC2ブログ
~お気楽な母と怪獣息子の日常~
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
登園拒否事件 その1
2005年10月17日 (月) | 編集 |
長い間更新出来なかったので、あ~んな話やこ~んな話を小分けでご報告!と言う事で、まずは一番の出来事なお話から・・。

夏休みも残すところ1週間・・な頃。幼稚園の慣らし保育が始まりました。この日を親子共々心待ちにしていた我が家。
保育初日はそれこそ飛び起きんばかりな勢いで起きて、支度して出掛けたニョロ太。
久しぶりのお友達、幼稚園バス、そして大好きな担任の先生に会えるのを楽しみにニコニコ顔で登園したニョロ太でした。

帰りのバス時間。見慣れたバスがやってくると、窓際にくら~い顔つきのニョロ太。(?_?)
きっと久しぶりの登園で疲れたのね~と暢気に構える母にバスの乗務員さんが「ニョロ太君、ちょっと元気ないのよ。」と声を掛けてくれました。いつもならバスから飛び降りてくるのに、全然そんな素振りもなし。
声を掛けると「今日、○○先生がおやすみだったの。」とションボリ。
ん~・・担任命!な息子。それが寂しかったのね~。と納得した母は幼稚園からのお便りに目を通しました。
そこには「○×組のご父兄の皆様へ」なるお手紙があり、担任が体調を崩し、暫く登園出来ない旨が書いてありました。
夏季保育の日数はほんの3~4日。その間休むのかなぁ?夏風邪??
程度の認識しかなかったので、ニョロ太にはよく説明し、少しの間我慢しようね~。と言って聞かせました。
その時は理解するのですが、毎日帰ってくると「今日も先生が来なかった・・」と落ち込みモード全開で帰宅する息子。
病気だから我慢しなくちゃね・・と息子には言っていましたが、母達の中ではいろいろな話も漏れ聞こえてきており、なかなかに複雑な心境のまま、夏季保育の最終日を迎えたのでした。

夏季保育最終日。帰宅すると園から1枚のお便りがありました。
前回同様「○×組のご父兄の皆様へ」で始まるお手紙。
ちょっといや~な予感を醸し出したそのお手紙には、担任が退園したこと、代わりに○○先生が担任になったこと、簡単な退園の理由、そしてこの件に関して何かあれば個別に園に言ってきて欲しい、面談等はありません・・・という個人的には「一方的」な決定内容文書だったのでした。
スポンサーサイト
テーマ:育児の困った
ジャンル:育児
コメント
この記事へのコメント
そっか・・・
大変でしたね・・・
ダイスキな先生が他の先生に代わってしまって
ニョロちゃんもショックだったでしょう。

実はムスコ君が年少さんの時、担任の先生が体調を崩されて
お休みされました。ムスコはけっこうショックを受けて。
ま、インフルエンザになっちゃったので終業式にも行けず
そのまま年中に上がり、かなりお厳しい担任に代わって、
胃腸炎で入院(T▽T)
けっこうおデリケートちゃんなのでねぇ・・・
年少時の担任の先生はお元気になられて、今も新しい年少さんを
受け持っていらっしゃいますが、ムスコ君は今の担任に馴染めず
今でも年少時の担任にばかり寄って行ってます・・・

子供たちって、けっこう敏感ですよね。
一方的なお手紙というのも気になりますし・・・
ワタシも、今でも園にはよく行って担任と話すようにしています。
バスだから行かないと全然話せないから。
ニョロちゃんが早く新しい先生に馴染めると良いですね。
motoさんも大変だと思いますが、頑張って下さいね。
2005/10/17(Mon) 17:21 | URL  | うさ #0kufgj3.[ 編集]
moto→うさちゃん
すっかりご無沙汰でゴメンねー!(^^;

ニョロ太の登園拒否はまだこれから本題なんだけどさ、彼としてはやはりショックだったらしく、妙なグズリとか始まっちゃって・・・。
幼稚園側の対応も親達にはちょっと不信感を与えてしまって、父兄と園の間に立って、いろいろと頑張りました、母。ちなみにその時園長先生から「園長代理」の肩書き、頂きました、ハイ。(^凹^)ガハハ
今はもうすっかり落ち着いて楽しく通っているからいいんだけどね~。(^^ゞ
2005/10/18(Tue) 08:49 | URL  | moto #H6hNXAII[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。